トレードを極めるために基礎を学ぶ

いまだけ、期間限定で相場を極めるための基礎を無料で受講していただけます。
まずはこの下のフォームからお申し込みください。

お申し込みは終了いたしました。

トレードをするうえで最も重要なことは、どこで勝負をするかという事です。
上級者ともなればどこでポジションを組もうとも利益に変えるテクニックを持つ人もいますが、そんな上級者であっても自分なりの鉄板パターンを持っています。
ではそんな鉄板パターンを習えば誰でも勝てるようになるのかというとそれはまた別です。その人が認知しているパターンというものは、様々な状況が絡まりあっていて、時々によって微妙に違ってくるものだからです。

相場というものは常に波を形成しているのはご存知の通り。
波には大小さまざまなものがあり、時にはトレンドと呼ばれ時にはレンジと呼ばれます。
そこで質問です。
あなたはトレードをする際、どちらでやりたいと思いますか?トレンド?レンジ?
多くの人はトレンドと答えるのではないでしょうか?「トレンドに乗って利益を伸ばす!」ってね。
でも待ってくださいね、トレンドって乗ろうと思って乗れるものですかね?結果的にトレンドに乗っていたというのであればわかりますが、これからトレンドが始まるなんてことは誰にもわからないわけですよ。
例えばトレンドのようなものが出ていてその流れに乗っかることであればできるかもしれませんが、気が付いた時に終わるというものがトレンドです。
そうであれば、わたしたちは何処でトレードを行えばいいのでしょうか?
そうなんです、レンジをいち早く見つけその中でトレードを組みてていき、そのうえで利益を伸ばす工夫をした結果「あ、トレンドに乗れたね」になるわけです。
さてそこで問題なのが、レンジはいつ始まるのかってところですよね。
トレンドはいずれ終わり、レンジを形成してからまた更に上下どちらかへ動き出していくわけですからいち早くレンジを見つけられたら凄いと思いませんか?その見極め方を今回の講義でレクチャーされています。

 

わたしのメルマガをご覧になっているという事は、少なからずトレードに興味があるという事だと思います。
では、今まであなたはどのような形でトレードを学んできましたか?
・セミナーを受講(ウェビナー等)
・教材を購入(BBFカウンタートレード含む
・教本で学習
・知り合いから習った

方法は様々だと思いますがそれがしっかりと身についているでしょうか。

トレードを教える側から言わせていただくと、学びたいと思っている方の大概はどうやったら勝てるのかというポイントだけに照準を合わせがちです。しかも、いかに手短に時間をかけずにという条件付きで。なのでスキャルを覚えたいという人がとても多いです。

でも結局のところは基礎をおろそかにしてしまった人は、一時勝てていたとしてもいずれ落ち目になるものです。どんなに有益なセミナーを受講して、優秀な教材で学んだとしても基礎の落とし込みができていなければ柔軟な対応ができず、マニュアル通りの行動しかできません。相場というものはいつも同じような動きをするものですが、完ぺきに同じ動きをすることは絶対にないわけですから。
習ったものをいかに応用していくのか、使える材料をどうやって活用するのかは基礎があってこそです。

そんな基礎中の基礎である【レンジ】について、今回は非常に分かりやすく解説された講義を受講していただくことにしました。
何故そんなことをするのかと疑問に思う方もいるかもしれませんね?今までの弊社をよくご存じの方であれば、ご理解いただけているはずですが私たちは一人でも多く相場と対話のできる人を輩出したいと考えています。
しかも、今世の中で何が起こっているのか?ニュースをご覧になっている方であればお分かりですよね。危険と隣り合わせだという事です。下手をすると今日明日にでも、事が起きてしまう可能性だって無いとは言い切れません。
そうなった場合に、できるできないは別としてもトレードというものは場所はほとんど選びませんので(ネット環境さえあれば)いつでもどこでも稼ぐことができるのです。手に職を付けるという言葉があっているかどうかわかりませんが、これからの時代には身に付けていて絶対に損のないのがトレード力だと私は考えています。

 

ただし、この講義は弊社の【投資の極】を受講されているメンバーに向けて作成された特別な講義であるために、いつまでも公開する気はありません。

今だけ特別の限定公開です。
期限は4月24日までなのでそれ以降は【投資の極】を受講されているメンバーだけしか学べません!お申込みされるだけでなく、ちゃんと受講してくださいよ。

お申し込みは終了しました。

 

 

【重要なお知らせ】

39キャンペーン    

お薦めFX口座

 

 

 
口座開設の最終判断は自己責任でお願いいたします。

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る