【今日の一言】迷走中のニュース2014年04月15日

キャプチャ

おはようございます

プライムアセットの松永です。

昨日の日経平均は、

ブラス圏では引けられませんでしたが

ザラ場中(取引時間中)は

ドル円も安定していたことから

プラス圏に浮上する場面もみうけられ、

大きく下落することはありませんでした。

ただこのまま反転ということにはなりそうもなく

新規売り建ての決済がある程度進んでしまえば

次の下げはまた大きくなりそうです。

そしてわたしたちが気になるドル円ですが、

4月11日の安値から少しずつ下値を切り上げ

若干戻し歩調だった日中でしたが、

昨日発表の米小売売上高が予想を上回り

迷い相場の中の小さなニュースでようやく前日の高値を

抜ける動きを見せてくれました。

このあとは

9日10日の高値付近にできたカベを

抜けることができるかが最大のポイントですね。

そしてもう一つ注目のユーロドル。

ドラギ総裁の発言から下に大きな窓を空けて

始まった後、

金曜日の安値付近まで戻りを入れてからの再下落!

ここでもきれいなプルバックが見られました。

結構多くの方がユーロドルのショートポジションを

持っていたようですね。

我慢していたら儲かりました・・・とか

金曜日に大きな損切をしちゃいました・・・

などなどご報告をいただきました。

チャートを見ても

買い戻しが入っていたんだろうなぁっていう

形状になっていましたね。

チャートはそうやって妄想しながら見ると

力が付くし楽しいですよ。

ただ眺めていてはダメですからね。

妄想レポートお待ちしてます(笑)

※指標スケジュールは下段にあります。

【過去の一言はコチラ】

http://www.p-asset.com/take_profitcategory/market/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BBFライン1時間足
────────────────────────────

USDJPY
101.85
+ライン順当・-ライン順当

EURJPY
140.74
+ライン順当・-ライン順当

GBPJPY
170.33
+ライン順当・-ライン順当

AUDJPY
95.89
+ライン順当・-ライン順当

EURUSD
1.381
+ライン順当・-ライン乱れ

GBPUSD
1.672
+ライン順当・-ライン乱れ

AUDUSD
0.941
+ライン順当・-ライン順当

※+ライン-ラインはボリンジャーバンドフィボナッチ
の±2シグマを指しています。
+ラインが乱れている時は上昇、-ラインが乱れている時は
下落方向に行きやすくなっています。

気にしておくと役立ちますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【投資の極】

http://acr.p-asset.com/

FXだけに縛られない投資家集団をつくる!

────────────────────────────

◆プライムHP◆

http://www.p-asset.com/

◆フェイスブック◆

https://www.facebook.com/primefx

◆マルモトブログ◆

http://trade-note.org/

◆ナカノブログ◆

http://ob3.happythink.info/

◆マツナガブログ◆

http://ameblo.jp/prime-man/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■指標発表

──────────────────────────── 

08:01 英【小売売上高調査】前年同月比1.0%予想★
10:30 豪【金融政策会合議事要旨公表】★
17:30 英【消費者物価指数】前月比0.2%予想・前年同月比1.6%予想★
17:30 英【小売物価指数】前月比0.3%予想・前年同月比2.5%予想★
18:00 独【景況感調査】45.0予想★
18:00 欧【景況感調査】★
18:00 欧【貿易収支】100億ユーロ予想★
21:30 米【ニューヨーク連銀製造業景気指数】8.00予想★
21:30 米【消費者物価指数】前月比0.1%予想・前年同月比1.4%予想★
21:45 米【FRB議長発言】★★
22:00 米【対米証券投資】300億ドル予想★
23:00 米【NAHB住宅市場指数】50予想★

★マークが多ければ多いほど、
値動きに影響の出やすい重要指標となります。

発表される指標に関連する通貨ペアには
多少なりとも注意が必要です。

・「BBFカウンタートレード」他、逆張り手法で
 指値の待ち伏せの注文を入れる際には、
 普段以上に外側から慎重に仕掛けることを
 心がけましょう。

・ブレイクアウト系の順張り手法を
 ご利用の場合には、タイミングをしっかり
 計って調整すると良いでしょう。

・指標発表前には注文の確認を忘れずに!

※トレードスタイルを問わず、
 経済指標の発表スケジュールを把握することは
 非常に重要な習慣となります。

●週のスケジュールはコチラから

http://www.p-asset.com/take_profitcategory/schedule/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【重要なお知らせ】

39キャンペーン    

お薦めFX口座

 

 

 
口座開設の最終判断は自己責任でお願いいたします。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る