ショートポジションが溜まっているのは

ドル円と日経平均の相関が崩れてきましたね。
米国雇用統計後に進んだ円安も前日の高値で、7月29日の円高後で8月1日に付けた戻り高値当たりのカベである102.6辺りをてっぺんに株式市場が堅調に推移するなかも反応は無く、日経平均が大引けにかけて一段と上昇する間も全くの無反応でした。

これはいまさら言うまでもないと思いますが、株式市場の方には買い方に大きなクジラがおりさらにそれに対しての提灯が付いていることから日経平均は下がりにくくなっているわけです。

先週の木曜日から再び下落に転じてきているポンドが、昨日はさらに一段と売られることとなりました。
これは先週から言われていることですが、一段の利下げと量的緩和が必要であるという見方を今度は英中央銀行金融政策委員会のメンバーが、タイムズ紙に対して寄稿したことが要因です。

ただ史上空前の空売りを浴びているドイツ銀行を有する欧州ユーロと相変わらずきれいな上昇波動を見せている豪ドルは上昇しておりユーロドル上昇・豪米ドル上昇・ドル円下落・ポンドドル下落・ポンド円下落となっていることから見てもポンドの下落が目立ちました。

とはいえ、ポンドのショートポジションはドイツ銀の空売りどころでなく溜まっていると思われるのでここからポンドドルなどを売りに行くのは個人的には見送りです。

それよりもまだドル円でショートをかけていく方がストレスがないです。
キャプチャ

さて、明日は今年からスタートする「山の日」です。
事前のご連絡通り明日から来週火曜日まで休業とさせていただきますので、次のご挨拶は来週水曜日になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BBFライン1時間足
────────────────────────────

USDJPY
101.83
+ライン乱れ・-ライン乱れ

EURJPY
113.20
+ライン順当・-ライン順当

GBPJPY
132.36
+ライン順当・-ライン乱れ

AUDJPY
78.09
+ライン乱れ・-ライン順当

EURUSD
1.111
+ライン順当・-ライン順当

GBPUSD
1.299
+ライン順当・-ライン乱れ

AUDUSD
0.766
+ライン順当・-ライン順当

※+ライン-ラインはボリンジャーバンドフィボナッチ
の±2シグマを指しています。
+ラインが乱れている時は上昇、-ラインが乱れている時は
下落方向に行きやすくなっています。

気にしておくと役立ちますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■指標発表

──────────────────────────── 

08:50 日【機械受注】前月比3.3%★
08:50 日【企業物価指数】前月比-0.1%/前年同月比-4.0%★
10:30 豪【住宅ローン件数】前月比2.3%★
27:00 米【月次財政収支】-1290億ドル★

★マークが多ければ多いほど、
値動きに影響の出やすい重要指標となります。

・数値はすべて予想になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【重要なお知らせ】

39キャンペーン    

お薦めFX口座

 

 

 
口座開設の最終判断は自己責任でお願いいたします。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る