先週の月曜日に続き、今週もAUDUSDがおいしいところから始まってくれて幅はとれませんでしたが安心してトレードができました。
この通貨ペアに関して意識しているのは、たった一本の上昇ラインだけです。

おはようございます
プライムアセットの松永です。

昨日のドル円は週末の異様な上昇の反動で118円台後半で始まった後は下落となり、東京市場の前場が終わるまで下げ111円ちょうどまできました。
その後は普段どおりの月曜日の動きとなり、狭いレンジでの往ったり来たり。
NYタイムに入ってから多少円高へと振れはしましたが、FOMCを控えて利食いに押されるダウの下げから見ると緩やかなものでした。
ドル円の場合は昨日時点で113円台近くまで上昇していれば売りやすかったのですが昨日の水準では個人的にショートを打つ気にはなれませんでした。
先週一週間だけ見ていると売りたくなってしまう人もいるかもしれませんが、もっと大きな動きでみるともう少し上があってもよかったですからね。
ただ通貨オプション市場ではやはり相変わらず円高への思いが強いらしくドルのプットが膨らんでいるようです。

たった一本の上昇ラインといえば、GOLDも3月28日の安値を起点にきれいなラインが引けていますよ。
ですがちょっともうそろそろ終わりそうな形状になっているのでそのままうのみにはしちゃダメですからね。

1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BBFライン1時間足
────────────────────────────

USDJPY
111.21
+ライン乱れ・-ライン順当

EURJPY
125.30
+ライン乱れ・-ライン順当

GBPJPY
161.04
+ライン乱れ・-ライン順当

AUDJPY
85.76
+ライン順当・-ライン順当

EURUSD
1.126
+ライン順当・-ライン乱れ

GBPUSD
1.448
+ライン乱れ・-ライン順当

AUDUSD
0.771
+ライン乱れ・-ライン順当

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■指標発表

──────────────────────────── 

未定 米【FOMC】★
21:30 米【耐久財受注】前月比1.9%★
22:00 米【ケース・シラー米住宅価格指数】182.83★
23:00 米【リッチモンド連銀製造業指数】12★
23:00 米【消費者信頼感指数】95.8★

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お薦めFX口座

 

 

 
口座開設の最終判断は自己責任でお願いいたします。

2019年9月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る